51歳のオッサンが今からiDeCoを始める

投資

さて、ブログ読者の皆さんはiDeCoをされている、或いはご存じだろうか?

自分は恥ずかしながら名前は知っていたが内容を全く理解していなった。

数年前にSBI証券で 口座開設をした際に、「iDeCoを始めればamazonギフト券プレゼント!」てな書類が送られてきたが、何か怪しく思えてスルーしていたのだ😓

参加無料・女性限定・初心者向け♪
お金のオンライントレーニング!

ABCash(エービーキャッシュ)

先日、「投資についてウンチクを語る前に、まずはNISA、iDeCoやってください。話はそれからです。」みたいなことを言われているYoutube見たのでちょっとiDeCoについて調べてみた。

結果

iDeCoとは・・・

  • 「個人確定拠出年金」のことで任意で加入する私的年金制度である
  • 自分で決めた金額を毎月積み立てながら資産運用を行う
  • 原則60歳まで積み立てた資金を受け取ることができない
  • 60歳で受け取るには加入期間が10年を超えている必要がある(60歳になった時点で加入期間が10年未満の場合、65歳まで受け取ることができない)
  • 運用益に対して税金がかからない
  • 所得税控除など節税対策効果がある!

ということだ。

一旦イデコを始めると60歳まで資金を引き出せないというのはデメリットのように思えるが、車を買うからといって全財産を投じるバカ(私のこと)にはピッタリじゃね?

貯金は借金してでもしろ」ということわざがあるぐらいなのでiDeCoをやらない理由はないだろう。

無知な自分を恥じるしかないが、このまま知らないで生きていくことに比べれば今知っただけ100倍マシ。今日が一番若い日だ。善は急げ早速今から始めて老後資金の足しにするぜ!

次のGAFAM、テスラはどの企業?
この2年間が米国株投資のチャンス!

オックスフォードキャピタルレター

始めるなら投信積立で利用中のSBI証券楽天証券のどちらかだろう。

どちらにするかと調べていると、証券会社によってiDeCoにも特徴があるところ、先の2大証券会社を抑えて堂々のおすすめランキング第1位松井証券の『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』とでた。

【5分で解決!】iDeCo(イデコ)おすすめ金融機関11選!【徹底比較】

松井証券なら運営管理手数料0円


勝負の結果は別の話として、松井証券は株のデイトレの取引手数料が無料なのでその節は大変お世話になった良い証券会社だ。

別の証券会社をお勧めしているサイトもあるが、調べれば調べるほど松井証券が最高!という結論に達したので早速iDeCoの申し込みを行った

松井証券の公式サイトはこちら


【50代でiDeCoは始めるべき?】メリットと注意点を知っておこう

iDeCo頑張りましょう😁👍

コメントをどうぞ

PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました